映画

海獣の子供【映画】あらすじや結末をネタバレ!見どころは?

2019年6月7日に、映画「海獣の子供」が公開が公開されます。

漫画家「五十嵐大介」さんの漫画を映画化した作品。

五十嵐さんの描く漫画は、抽象的な描写が多い作品が多く、映画ではどのような仕上がりになっているのか、とても興味があります。

どんな内容で、どんな結末を迎えるのか、原作から考えてみました。

この記事では、「海獣の子供」のあらすじ、結末について書いています。

映画「海獣の子供」のあらすじ

自分の気持ちを言葉にするのが苦手な琉花(中学生)は、夏休みの初日に部活(ハンドボール部)でチームメイトと問題を起こしてしまいます。

母親との関係が上手くいっていなかった琉花は、学校でも家でも居場所を失ってしまいました。

琉花は父親が働いている水族館へと足を運びます。両親との思い出が詰まった大水槽の前で佇んでいると、大水槽の中の魚たちと一緒に少年が泳いでいました!

その不思議な少年たちは「海」と、「兄の空」と名乗ります。

2人に導かれて、琉花はそれまで見たことのなかった、不思議な世界に触れていきます。

3人が出会ったことをきっかけに、、地球上では様々な現象が起こり始めます。

ある夜、空から流星が海へと堕ちると、すべての海の生き物たちが日本に移動を始めたのです。

ザトウクジラが姿を現し、”ソング”とともに海の生き物たちに「本番が近い」ことを伝えたのです。

海と空が超常現象と関係していることを嗅ぎ付けた大人たちは、彼らを利用しようとします。

そんな二人を海洋学者のジムやアンダーグラードは守ろうとします。

各々の思惑が交錯する中、人間は生命の謎を解き明かすことができるのか?

海と空はどこから来たのか?

ザトウクジラが伝えた本番とは?

「海獣の子供」の結末は?

漫画での結末は、大人になった琉花が子供のころの不思議な体験を昔話風に語る…という感じになっています。

地球と宇宙が待ち望んだ本番が始まる。

その光景を見ていた琉花は気づくと、母親に救助されていました。

壮大で繊細な物語で、映画でどこまで再現できるのか?もっと違う感じになるのか楽しみな部分ですね。

この映画を手掛けたのはSTUDIO4°C

STUDIO4°C は、2006年に公開された松本大洋原作の映画「鉄コン筋クリート」を、独特の絵のタッチと難しい心理描写を見事に表現していて、評価の高い作品に仕上げました。

声優には嵐の二宮和也さんと女優の蒼井優さんを起用して話題になりました。

STUDIO4°Cならば…と期待が高まります。

まとめ

漫画家「五十嵐大介」さんの漫画を映画化した作品。

抽象的な描写の多い漫画をSTUDIO4°Cが映画化。

結末は漫画と同じになるのか?も含めてどんな仕上がりになっているのか楽しみです。